MENU

【入れ歯】保険と自費の違いは?それぞれのメリット、デメリット

 

歯科治療で入れ歯の必要が出たときに迷うのが、保険適用の範囲内で作るか、それとも保険外の自由診療の入れ歯にするかということではないでしょうか。

 

でも、そもそも保険治療の入れ歯と自費治療の入れ歯には、どんな違いがあるのかご存知ですか?それぞれのメリット、デメリットについて考えてみましょう。

 

保険治療で作る入れ歯のメリット・デメリット

保険治療の入れ歯では、噛んだり会話をしたり普通に生活できるだけの、必要最低限の機能や見た目を満たした歯を作ることしか認められていません。ですから使える素材が限られていて、使用感や審美的な面から見て満足のいく、希望どおりの入れ歯を作ることは難しいのが実情です。

 

保険治療での一番のメリットは費用が安いことです。その他にも短期間で出来上がること、破損したときに修理がしやすいといった良い点もあります。入れ歯の治療は適用範囲が広いので、ほとんどの症例で保険が使えます。

 

その反面デメリットも多く、最も問題となるのが装着時の違和感や見た目の悪さです。素材の性質上、床とよばれる歯茎に当たる部分が分厚くなってしまうため、気持ち悪いとか痛いという理由で口の中に入れていられないという人も多いそうです。

 

部分入れ歯の場合はクラスプという留め具を他の歯にひっかけて固定するのですが、その素材に金属しか使えないため見た目が悪く、他の残存している歯への影響も大きいのが問題です。また保険治療では何らかの理由で作り直しが必要になっても、6ヶ月間は新しい入れ歯を作ることはできません。

 

自費治療で作る入れ歯のメリット・デメリット

自費治療のメリットは、何と言っても自分の歯や口腔内の状態に合わせて、オーダーメイドの入れ歯が作れるということです。素材や技術の制限がないので、使用感や審美面で患者さんの希望を取り入れて作ることが可能になります。耐久性やフィット感にすぐれ、見た目にも入れ歯とはわからないようなものも作成できます。

 

部分入れ歯では残存歯への負担を軽減できるのも、将来的に自分の歯を少しでも多く残すために、大きなメリットとなります。デメリットは高額な費用ですが、そればかりではありません。

 

入れ歯の作成は歯科医と歯科技工士の技術や熟練度に拠る部分が大きく、良い素材を使用したからと言って、必ずしも良い入れ歯ができるとは限りません。もしフィット感や使用感に満足できない入れ歯が出来上がったとしたら、高額な費用をかけた意味がありません。

 

反対に入れ歯に精通していて、技術が高い歯科医と歯科技工士であれば、保険適用でも良い入れ歯が出来るということです。どちらを選ぶのがその人に向いているのかは、一人ひとりの条件で変わってきます。しっかりとカウンセリングをした上で、歯科医と良く相談をしながら決めていくことが大切でしょう。