MENU

入れ歯とインプラントはどちらが良い?メリット・デメリットについて

 

大切な歯を失ってしまったとき、今現在治療法として選べるのは入れ歯かインプラント、そして可能な部位と本数であればブリッジがあります。ではブリッジを除き、入れ歯とインプラントではどちらが良いのでしょう。双方のメリット、デメリットを見てみたいと思います。

 

インプラントのメリット・デメリット

最近ではインプラントを積極的に進める歯科医師も増え、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。インプラントの一番のメリットは、歯を失う前の噛む力を取り戻せることです。

 

顎の骨にしっかりとした土台を埋め込み、その上に歯を作るため、本物の歯と見分けがつかないような状態になります。違和感や異物感もなく、周囲の健康な歯を削る必要がないので残っている歯に負担をかけません。治療期間も入れ歯に比べると短期間で終了します。

 

ではインプラントにはどんなデメリットが考えられるのでしょう。まずこの治療は単なる歯科治療ではなく、あくまでも外科手術であるということです。内科的な疾患があったり、骨の状態が悪いなどの理由から治療ができないケースも多く、全ての患者さんに適用できるわけではありません。

 

また入れたあとのメンテナンスも大変で、怠ると顎の骨に損傷を受けたり、感染症を引き起こすリスクもあります。インプラントの手術を行うには外科的な技量はもちろん、内科的な知識も十分になければ危険なのです。技術や知識が伴わない歯科医による、重大な医療事故が発生するケースも増えています。

 

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯のデメリットは使用感や機能性、審美性にありますが、現在ではそれらの欠点を補うさまざまな技術が開発されています。

 

自費治療による入れ歯では、かなりの部分がカバーできると考えて良いでしょう。保険診療の入れ歯ではまだ劣る部分も多いのですが、それでも歯科医師や歯科技工士の技術によって、かなり自費の入れ歯に遜色のない使い心地の入れ歯を作ることができると言われています。

 

入れ歯のメリットは多く、医療事故等の危険性がまずないこと、適用範囲が広いためほとんどの方で作成可能なことなどが挙げられます。またメンテナンスもラクなので、高齢の方や病気を患っている方でも、清潔な状態を保つことが容易です。

 

保険を使った入れ歯であれば、治療費も安くなります。自費の入れ歯は不具合が生じた場合でも修理や調整をしながら、長く使うことも可能です。もしインプラント治療に不安を抱えているのであれば、入れ歯による治療の可能性についても考えてみてはいかがでしょうか。