MENU

入れ歯の種類や費用について 最近の動向は?

 

入れ歯には保険で作れるものと自費でしか作れないものがありますが、自費治療で作ると素材や技術の制約が無くなるため、最近ではさまざまなタイプの入れ歯が作られています。ここでは自費治療の入れ歯に限って、種類や費用をご紹介します。

 

総入れ歯の種類

総入れ歯は歯茎にあたる床(しょう)という部分の厚みや大きさなどが原因となって、ひどい違和感や痛み、ずれなどが生じやすいのが悩みでした。

 

それらの悩みが解消される入れ歯が多く開発されているのを知れば、これまで入れ歯を作ることに消極的だった方にも、希望が開けてくるのではないでしょうか。

 

主な総入れ歯の選択肢としては、上顎の床がないものやマグネット式のもの、床の部分が特殊な素材でメッシュになっているもの、床の部分が柔らかいものなどがあります。また上下顎同時印象による作成方法では、見た目も若返るような総入れ歯を作ることも可能になります。

 

これらの方式で作成することで、入れたときにゲーゲーしたり痛いなどと言った装着感の問題で、長時間歯を入れておけないといった悩みにも対応できます。味や熱が感じにくくて食事が美味しくない、見た目が悪くて人前で口を開けられない、入れ歯が合わなくて喋りづらいなどの悩みも解消できます。

 

より人体に影響の少ないチタン製や、ドライマウスのための保湿装置がついた入れ歯など、健康面を考えた入れ歯もできています。

 

費用は素材や技術による他、残存している歯や歯茎の状態によって変わってきますが、上下の総入れ歯の費用は70万円代〜120万円程度が目安とされています。全てにおいて最高の入れ歯を希望した場合は、200万円以上かかる場合もあります。

 

部分入れ歯の種類

部分入れ歯の悩みの多くは、入れ歯を固定させるためのクラスプというバネにあります。保険のクラスプは金属製のため、口を開けると見えてしまい審美的な面で抵抗を感じる人が多いのです。

 

もっと大きなデメリットは周囲の残っている歯にかかる負担で、クラスプを引っ掛けるために削ったり、支えている歯が動かされるために弱くなったりといったことが問題となります。

 

そうした欠点を補うのが、目立たないクラスプを使った入れ歯や、クラスプを使わないタイプの入れ歯です。素材や支え方の方式によってさまざまなタイプがあり、費用は5万円くらいのものから25万円以上のものまで幅があります。

 

また最近ではウェルデンツという、床がなくブリッジに近い使用感の部分入れ歯も出てきています。価格、機能性、審美面、治療にかかる期間など、最も重視する点は人によって違うと思います。自分の希望をしっかりと歯科医師に伝え、細かな部分まで打ち合わせを重ねながら作成することが、失敗を防ぐカギになります。